ポピーの幼児教材を先取り。2歳の遊びにポピっこももちゃんを使っています

2歳の遊び

2歳の遊びにポピっこももちゃん
使っています。この子にとってポピーは
生まれて初めての家庭学習教材になります。

 

 

ポピーのポピっこももちゃんは価格がお手頃で、
すぐ壊れそうなおもちゃが部屋に溢れることも
無さそうだったので、子供が嫌がるようなら
すぐに辞めよう、くらいの軽い気持ち

はじめました。

 

 

 

4月生まれだったので、一つ上の学年の教材
注文してみました。ポピっこももちゃんが
はじめて届いた時にはそれは喜んで
シールを貼って毎日のように繰り返し
一緒に読み返したものです。

 

 

付属の小さな本も寝る前に読んで、
普通の絵本とこんなに反応が違うのか
嬉しくなりました。

 

 

親が工作しないといけない
紙の付録が付いていて
ちょっと面倒な時もありました。
毎月少しづつ溜まっていく紙のカードの保管が
煩わしく思うこともありました。

 

 

でも、親と一緒にポピーに向かい合う時間が
子供もとても嬉しそうなので
頑張りました。

 

 

挨拶や手洗い、季節感など
生活の大事な事を学べ、
机に向かって勉強をすると言う習慣
楽しく身についたように思います。

 

 

 

しかし、本格的に平仮名の勉強がはじまってから
急にそのページを飛ばそうとしたり、
分からないとか面白くないとか
言いはじめたのです。

 

 

1年先のことをやっているから
付いていけてないのかとも思いますが、
かと言って、去年学んだことを
もう1年学びなおす必要は無いので
学年を戻すわけにも行かず・・・

 

 

最近は、なんとか次の月のポピーが届く前に
1度目を通せる程度で、続けるかどうか
迷っているところです。
親としてはここからが勉強の本番だったのですが、
親の思う通りにはならないものですね。

 

 

幼児は個人差も大きければ、
月齢により成長にとても差があるので、
十把一絡げに同じ教材で学ぶのは
無理があるのかもしれませんので
様子をみながらいきたいと思います。

月刊ポピーを作っている新学社とは?

月刊ポピーキャラクター


ポピーは、イード・アワード2017
「通信教育」顧客満足度No.1、
小学生部門で最優秀賞を受賞しています。

ポピーを発行している新学社は、
小・中学校用図書教材
全家研ポピー」の家庭用教材を
発行する出版社です。
つまり、学校と同じ勉強ができるのです。

▼▼下のバナーは新学社さんのポピー公式ページに飛べます▼▼
▼▼お試し&入会▼▼コチラから▼▼


※代理店さんのページではなく、直接新学社さんに行けます