幼児ポピーきいどり年少用(3歳)を親子で学び中【写真と口コミ】

幼児ポピーきいどり年少用(3歳)を親子で学び中【写真と口コミ】 家ではこのように親と子供が月刊ポピー(ポピっこ)に取り組んでいます。子供の、【わかった!ニコッ】が愛おしい~我が家のエピソードです。

 

幼児ポピー きいどり 年少(3歳) 表紙を写してみました

 

幼児ポピー きいどり 年少(3歳) 表紙

 

季節感を出しながら、中身にも登場するキャラクターたちが描かれています。中の内容も表紙と連動しているので、息子も「最初に見たのと同じだね!」と良く反応してくれます。

 

幼児ポピー きいどり 年少(3歳)の内容はこんな感じです

 

幼児ポピー きいどり 年少(3歳)の内容

 

普段は息子がさっさと中身に取り掛かってしまうので、じっくりと読むことは少ないです。中身の内容がどのような意図で作られているかが書かれているので、親としては「なるほど!」と思うことがあります。

 

幼児ポピー きいどり 年少(3歳)のできたよシール

 

できたよシール

 

できたよシールは、何と言っても子供のやる気を引き出す、一番のツールだと思っています。とにかくシールが好きな子供ですから、ご褒美に自分でシートに貼れるのは嬉しいようです。

 

これは年少さん向けのテキストなので絵柄はこれだけですが、年中さんになると一枚ずつ絵の異なるキャラクターシールに変わります。年中に上がった息子は選べるキャラクターシールの方が嬉しかったようで、「どれにしようかな?」と鼻歌交じりに選ぶことも多いです。

 

幼児ポピー きいどり 年少(3歳)の季節のページ

 

幼児ポピー きいどり 年少(3歳)の季節のページ

 

季節のページは、親子で会話しながら、季節のお勉強をすることができます。基本的には自由に進めて良いものばかりですが、中にはどんな会話をすれば良いか困ってしまう親御さんもいらっしゃると思います。このページに限らず、教材の意図や子供への声掛けのアドバイスなどが書いてあるので、参考にしながら進めることができます。

 

幼児ポピー きいどり 年少(3歳)の工作のページ

 

幼児ポピー きいどり 年少(3歳)の工作のページ

 

工作のページは、ワークばかりではなく、息抜きのような工作ページがあります。ハサミで切ることが大好きな息子は、張り切ってチョキチョキしていました。作ったお面は家族だけでなく公園にも持って行って自慢したりしていました。成果物として作り上げることができるので、その充実感は子供には大きいようです。

 

特別に何か材料を買い揃えるということもなく、付録として付いていたり、今回のお面のように家にありそうな物を用意するだけなので、親としては助かります。

 

幼児ポピー きいどり 年少(3歳)の季節の行事

 

幼児ポピー きいどり 年少(3歳)の季節の行事

 

季節の行事…お話やワークで季節の行事を学びます。このワークをしたのは既に節分を過ぎてしまった頃でしたが、息子は保育園や家での豆まきの思い出を話しながら行っていました。さらにシールを貼るときに、息子が自分でストーリーを考えながら貼っていくので楽しいです。子供のための教材ですが、親も一緒になって楽しめるというのが、ポピーを続けようと思ったポイントでもあります。

 

幼児ポピー きいどり 年少(3歳)の迷路

 

幼児ポピー きいどり 年少(3歳)の迷路

 

迷路は、工作で作ったものでワークを進める、ということもあります。また、このワークのように複数の指令をこなすものもあります。息子は複数の指令をこなすというのが普段から苦手なのですが、練習できる良いワークでした。年齢に応じたワークが作られているので、子供も取り組みやすく、達成感を得やすい特徴があります。

 

幼児ポピー きいどり 年少(3歳)の親子のとりくみ

 

幼児ポピー きいどり 年少(3歳)の親子のとりくみ

 

親子のとりくみ…頭だけでなく、体も使って親子でのふれあいを教えてくれます。触れ合い遊びは子供が大きくなってくると自然と減るものなので、こうして一緒に行うのも大事な事だと思います。ワーク同様に年齢に応じた運動発達を盛り込んでいます。

 

幼児ポピー きいどり 年少(3歳)のおはなし

 

幼児ポピー きいどり 年少(3歳)のおはなし

 

おはなし…昔ながらの童話民話の他に、季節に応じたお話やオリジナルのお話など盛り沢山です。今は様々な絵本がありますが、古典的な童話や民話を読み聞かせする機会は少ないと思います。私もこれまで、あえて息子に読んだことはありませんでした。とても貴重な機会だと思います。

 

幼児ポピー きいどり 年少(3歳)は年齢に応じた内容で評判がいいです

 

幼児ポピー きいどり 年少(3歳)は年齢に応じた内容で評判がいい

 

年齢に応じた内容…年齢に応じたワークですが、ページも後ろの方になってくると少し難しくなります。それでも楽しんでできるように、迷路やシールなど楽しみながらできる要素が盛り込まれています。親が正解を教えてやるのは簡単ですが子供が悩みながら正解にたどり着くようにするのは、意外と大変だったりします。でも、やっと正解にたどり着いて「やった!」とニカッと笑ってくれると、親の自分も嬉しいんですよね。

 

幼児ポピー ポピっこを使っている感想とまとめ

 

ここまで、実際に使った幼児ポピーの写真を掲載させていただきました。ポピーきいどりは、1冊 60ページ越えで、毎月息子とやっているとボリュームたっぷりだと思います!

 

紙質もしっかりしていて、工作ページやシール貼りなど子供と触れ合える内容が秀逸です。子供はもちろんですが、親子楽しみながらできるように工夫されています。

 

以上のような内容で、月額980円は、ほんとにお得!と思っています。2歳から6歳までの月額は下記になり、親としても安心して続けられます。

 

ももちゃん(2〜3歳) 980円
きいどり(年少/3〜4歳) 980円
あかどり(年中/4〜5歳) 980円
あおどり(年長/5〜6歳) 980円

※表示価格は税込みです。※毎月払いの会費です。

月刊ポピーを作っている新学社とは?

月刊ポピーキャラクター


ポピーは、イード・アワード2017
「通信教育」顧客満足度No.1、
小学生部門で最優秀賞を受賞しています。

ポピーを発行している新学社は、
小・中学校用図書教材
全家研ポピー」の家庭用教材を
発行する出版社です。
つまり、学校と同じ勉強ができるのです。

▼▼下のバナーは新学社さんのポピー公式ページに飛べます▼▼
▼▼お試し&入会▼▼コチラから▼▼


※代理店さんのページではなく、直接新学社さんに行けます




こちらの記事おススメです→→ポピー チャレンジ ドラゼミ 実際に教材を取寄せ比較