ポピーの「生活科ワーク」【体験談】大阪在住の小2女の子の母です。

ポピーの生活科ワーク 鏡餅の話

 

大阪在住の小2の女の子の母です。
ポピーの教材には、「生活科ワーク」と
いうものが年に4回(季節ごと)届きます。

 

 

学校で理科・社会を学習していない
小1・小2が対象です。
オールカラーで子どもうけは抜群です。

 

 

例えば冬号ですと・・・鏡餅について、
十二支について、節分についてなど、
季節の行事をわかりやすく
説明してくれています。

 

 

また、
冬の星座や折り紙コーナーなどもあり、
子どもは興味津々です。日本の
伝統文化や自然にまつわる項目など、
親からみても内容は魅力的です。

 

 

それは間違いありません。
ただ・・・少し難点が・・・
この「生活科ワーク」、ほとんどが
保護者と一緒に取り組む
仕様なのです。

 

 

もちろん、
子どもとの時間を共有できますし、
一緒に楽しめますし、親にとっても
再発見があったりで
内容に文句はありません。

 

 

でも親が忙しいタイミングで、
子どもから「一緒にやろう」と誘われると、
親にとっては厄介な存在になってしまう
のです。

 

 

時間に余裕があり、
子どもとゆっくり楽しみたい方には
もってこいの教材
だと思います。

 

 

親にとっても本当に勉強になる内容です。
でも、忙しい方、机上での勉強を
優先される方(受験などを考えておられる方)
にとっては、「面倒くさいなぁ」という教材
であるように感じます。

月刊ポピーを作っている新学社とは?

月刊ポピーキャラクター


ポピーは、イード・アワード2017
「通信教育」顧客満足度No.1、
小学生部門で最優秀賞を受賞しています。

ポピーを発行している新学社は、
小・中学校用図書教材
全家研ポピー」の家庭用教材を
発行する出版社です。
つまり、学校と同じ勉強ができるのです。

▼▼下のバナーは新学社さんのポピー公式ページに飛べます▼▼
▼▼お試し&入会▼▼コチラから▼▼


※代理店さんのページではなく、直接新学社さんに行けます